SRT1 北山川

 北山川にて急流救助SRT1講習を行いました。講師派遣依頼で呼んで頂き感謝です。
昨年の台風12号の影響を受けた奈良県、和歌山、三重県の被害の爪あとを北山川に行くまでの国道311号線を走行中に見ることが出来ました。これまでに川の増水は幾度と見て見慣れてはいるのですが、土砂崩れ、増水時の水位の高さなど、つい車を引き返し見てしまいました。

川はカーブの外に外に流れが集まりますので、外側は流れが強く外側(岸)が削られます。

昨年の水位が上がった位置がはっきりと分かります。右岸をみると木が無い壁面は
すべて水圧により刈られたところになります。

講習の様子です。上流と下流の水面が違い、落差があることを意味します。
上流より川の状況が確認出来ない状況であればボート等で下る場合には
ボートから降り状況を確認します。

要救助者を引いて泳ぐ。進んでる気がしないほどに大変な行為と言う事が
体感して分かります。