KONG『チュイ』の特長について

ご無沙汰しております、レスキュージャパンのヤマダです。
まだまだ寒い日々が続いておりますね。
ここ亀岡市は、『霧の都』と呼ばれておりますが、霧が深いばかりか、京都市内に比べてもやや肌寒い地域といった印象です。
さて、今回は最近の気づきとして、商品についてご紹介させてください。
弊社取扱商品のひとつに、『KONG』社製の『チュイ』というものがあります。
http://www.rescue-japan.com/SHOP/1391100785.html
こちらはビレイデバイスとして、さらに下降器としても使用可能でとても軽量(55g)な器具です。



本体側面に描かれている絵の+【プラス】と-【マイナス】の意味について、皆さんご存知でしょうか?
先日あるお客様からも同様の問合せがありまして、私自身もよく分かっていませんでした。(反省)
本体をよく見ますと、プラス部はデコボコ、マイナス部は凹凸がありません。
要は下降する際、デコボコを利用した摩擦で制御しながら使用できるのがプラス側、
制御を必要としない場合はマイナス部に引っ掛けて使用する、というような使い分けが出来るのです。
以上、初歩的ではありますが、使用を検討される方がいらっしゃいましたら、参考にしていただければと思います。
明日からは京都にて3日間のテクニカルロープレスキュー講習(TRR-T)が開催されます。




参加者の皆様、どうぞ寒さ対策は万全にして来場なさってください。