帰国

 カナダより帰国しました
日本は蒸し暑さを感じます
カナダでの実技講習の様子です
一歩間違えれば・・・
高所恐怖症でなくても、高所恐怖症だったかなと感じさせられてしまいます

ロープでの支点作成、バックタイやフロントタイですが
前で取る支点は手首ほどにもない細いを使用しています

カナダ研修6

今回は以下の質問のテスト結果を報告します。
 2、クラインハイストでプルージックを3周巻いた場合のスリップの荷重は?
こちらも2回引っ張り実験を行いました。
今回は、使い古した8mmのプルージックを用い11mmのロープに3周クラインハイストで巻き付けました。
一回目のスリップ荷重は、3.2KN
二回目のスリップ荷重は、4.1KN
でした。
思ったよりも早い滑り出し荷重にビックリしました。
巻数を増やせば、もう少し高い数字からの滑り出し荷重になったとは想像しますが・・・

カナダ研修5

 実験結果のコピーをもらいました。
まずは、実験1のウェービングをウォーターノットでなく、本結びでくくった場合の強度を2回測りました。
結果は、本結びがとれることなく、また、結びで切れることなくウェービングのリングの端の方(カラビナに当たっている部分)が、一回目は、12,8KNで二回目が11,3KNで切れてしまいました。
通常は、20KNは持つそうですが、今回持参したウェービングは2年ほど使い込んだ年季が入っているものだったので、このような低い数値で切れたのではないかと、インストラクターは言っていました。
2回しか実験していないので、本結びでほどけたり切れたり絶対しないとは言いえないですが、面白い実験で参考になりました。