過去のメールマガジンより

 最近、過去に送信されたメルマガ内容を頂けませんかと問い合わせを受けますので以前に送信した一部を掲載します。
以前にメルマガで拝見された方、重なりますが今回は御了承下さい。
~~ダイニーマー素材・ウェビングでの支点作成~~
ウェビングの素材といえば”ナイロン”です。スリングにおいても同素材の使われている製品がほとんどです。どちらも支点作成には欠かせない製品です。スリングには”ダイニーマ”という有機繊維(化学組成に炭素を含む繊維)でつくられた製品もあります。この素材は、ピアノ線のような金属鋼と重量で比べても約8倍の強度を持ち、しかも水に浮きます。


軽量で、強度があり比重が1以下である事からスローバッグのロープにも採用されています。


携行する資器材の量に制限がある場合など、”ダイニーマ”の製品は活躍してくれる器材の一つです。
~ウェビングテープでの支点の取り方~


”シンプル”及び”3バイトアンカー”のメリット・デメリットについて
下記のURLを参照下さい


http://www.rescue-japan.com/hpgen/HPB/categories/73083.html


 


”ガースヒッチ&リダンダント”のメリット・デメリットについて
下記のURLを参照下さい


http://www.rescue-japan.com/hpgen/HPB/categories/73366.html


 


ロープレスキューで非常に良く使われる「ラップ3プル2」を紹介します。
下記のURLを参照下さい


http://www.rescue-japan.com/hpgen/HPB/categories/74553.html