急流救助 浅瀬横断

京都で急流救助の講習会(SRT1)を行いました。地球温暖化の影響か、近年、各地で大雨やゲリラ豪雨での被害が見受けられます。急流がある川の地域でなくても、水害の可能性はあると思います。そんな時に、事前に身に付けている知識や経験だけで、大きな違いを生み出せると思っています。

写真の浅瀬横断のテクニックもその一つで、歩けなくなった要救助者を素早く救助運搬する方法のひとつです。