心停止 蘇生 国内最長記録

 

 



こんなこともあるんだなーとビックリしました。
_____________________________
2006年6月9日付けの毎日新聞
信州大医学部付属病院(長野県松本市)は8日、今年4月に長野県の北アルプスで遭難し、 3時間近く心肺が停止した埼玉県鴻巣市の男性(29)が回復し、今週中にも退院すると発表した。
同病院の岡元和文救命救急センター長は「心肺停止から回復した例としては国内で最長では ないか。同じような患者の命を守ることが出来るという貴重な例になった」と話している。
この男性は4月8日、同県小谷村の白馬乗鞍岳(2436メートル)で仲間4人とともに遭難した。
9日朝に発見されたが、3人が死亡、男性は意識不明の重体だった。
男性は同日午前9時ごろ、心肺停止が確認されたが、「蘇生の可能性がある」として信大病院に 搬送され、約3時間後に人工心肺装置を装着。病院到着時に約22度の低体温状態だったが、
装着後に心拍が再開した。(中略)
信州大によると、低体温下で心肺停止し回復した海外での最長記録は、ノルウェーで報告され ている6時間半という。
___________________________________________________________
ノルウェーの6時間半ていったいどんな状況だったのでしょうね。