山口県消防学校 SRT1講習

山口県消防学校にて 
水難救助課程の講習項目に急流救助講習が組み込まれ
講習を行ってきました。
今期の水難救助課程では海上保安庁、急流救助、水上バイクの知識面等
これまでに類をみない水難救助課程を構成されていました。その様な場に呼んで頂き感謝です。
急流においては泳ぎとボート操船は必須です。
下記、3点川の右岸より左岸に泳ぐのに岩の下流側の流れの穏やかな場所を
狙い泳ぎ流されず出来る限り左岸の上流に泳ぎます



さらに岩場の多い川を流れの穏やかな岩の下流側を探しながら泳ぎました。
自身が流された場合にはいかに早く流れの穏やかな場所を探しだすか
それによって自分自身の危険を回避する事が出来ます

ボート操船は急流では欠かせません、泳ぐよりはるかに安全性があり
機動力に優れています