大洲TRR

 

5/16~18まで愛媛県の大洲でTRRーTを実施しました。
今回の実施場所は、築70年の廃校になった小学校で寺子屋的な雰囲気での机上講習でした。


実地講習においても、Aフレームがいつもとは一味違った設定になりました。場所的に、前にアンカーを取ることが難しく、後ろのみでフレームを支え、これを補助する形で左右に人がついてシステムを運行する形です。

こんな形になります。横から。

前からの図。
最初に設置した時、フレームの倒し角度が浅かった事と、折り返しのプーリーの位置がフレームの後方にかなり出すぎたことが重なり、降ろしから引き上げに切り替え倍力をかけるとフレームが後ろへ倒れこみフレームを制御することが出来なくなりました。

人が押さえつけてもフレームが倒れこんでいる所
そこで、Aフレームに以下の修正をかけました。
1.メインラインの半分の角度にフレームがくるように倒し角を増やした。
2.プーリーの位置をフレームから離れ過ぎないように調整した。

調整後のAフレーム
設定しなおした後は、安定してシステムを運行させることが出来ました。