京都 テクニカルロープレスキュー

 

 


京都でテクニカルロープレスキューの講習を行いました。
台風接近!ということで天候が非常に心配でしたが
まったく問題なく3日間を終えることが出来ました。

木を使ったAフレームの作り方

アリゾナーボーテックス(トライポット)としての設置
今回、設定時のロープの進行方向と担架に人を縛着してからのロープの進行方向が大きく変化しました。向きが変わった理由は崖際に生えている木枝が寝ている要救助者にあたりそうになったからです。初めに降りるときには、担架が空だったので木や枝をよけるのはそれほど気にはならなかったのですが・・・
木をかわそうとしてロープの流れが変わり、ボーテックスが傾きました。トライポットで使ってたらよっぽどのことがない限り安心と思い油断していました。ボーテックスは3点で固定していたので傾いただけですんだのですが、ボーテックスをしっかり固定しておくことの重要性を再認識しました。