ロープの端末処理

 


 


8の字系の結びのメリットの1つは、ロープエンドを端末処理しなくてもよいことです。

但し、余裕のある場合は、ダブルオーバーハンドで以下のように端末処理をしてあげると確実性が増します。

続きはこちら→
カーンマントルロープでは、半結び2回の端末処理はしまりの点であまり勧めしません。

以下のような端末処理は、8の字結びと端末処理した結びの間隔が開きすぎているため悪い端末処理です。

では、ダブルオーバーハンドノットの端末処理の方法を順を追って紹介します。





完成