リング荷重

 リング荷重とは、もやい結びの輪っか(リング)部分にひっぱり荷重をかける危険な行為を指します。

通常のもやい結びです。末端処理はしていません。

もやいのリング部分に荷重をかけると


末端が引っ張られ徐々にゆるんで来ました。

あっと思った瞬間!

ほどけてしまいます。
過去にクライミングの世界でこのリング荷重による事故が何件か発生したそうです。
スタティックロープでもやいを使用する時は、リング荷重に気を付ける事、末端処理は必ずすることを気を付けてください。
次回は、もやいでの末端処理の方法を紹介します。