ブレーキーバーの使用

 レスキュー器材の使用法が分からないと言う事を良く耳にします
以前にお勧めしました下降器のブレーキーバーもその一つです
少し長くなりますが紹介します

小さいバーの爪が押さえられるようにロープをセット
荷重によって摩擦抵抗を大きくし降下

降下から上昇システムに切り替え
角に数度巻きつけ半結び2回の作業姿勢
バーの荷重の掛け替え
プルージックをセット

長さ調整のプルージックをセット(ウェビング、プルージック、スリング可)

プルージックに荷重を掛け替える為少し降下

荷重が掛け変わればブレーキーバーを外す

倍力システムの作成

支点側のプーリーの位置は要注意

ロープ引け!!到着!

ブレーキーバーでの降下から、プルージックに荷重の掛け替え、プーリー取り付け
と面倒なので、予め降下後に上昇させることが分かっていれば上記写真のようにセットします。
降下させ、停止となれば直ぐさまプルージックに荷重を掛け替え
ブレーキーバーを外します。
黒のプルージックは対象物側に滑らせ、そこにカラビナ滑車を取り付ければ
上昇システムに切り替える
これがホットチェンジシステムです。