ニュートン ちからの単位

レスキュージャパンの宇山です。
今回は、ニュートンについて整理します。
ニュートンは力の単位で、この名前は、あのリンゴが落ちることによって地球の重力を発見した物理学者のニュートンに由来します。
私たちが普段よく使うKgは質量の単位で、力の単位とは少し違います。
ウィキペディアで調べてみると
———————————–
1ニュートンは、1kgの質量をもつ物体に1メートル毎秒毎秒(m/s2の加速度を生じさせる力と定義されています。
地球表面において質量1キログラムの物体の重量は約9.81ニュートンです。
—————————
なお、レスキューでよく使われる単位は、1kNなので、1kN=1000N 1000N÷9.81=101,9kgとなり
1kNは約100kgとなります。
私もそうでしたが、物理が苦手な人は、上記忘れて下さい。
ただ、ただ、1kNは約100kgの結論を覚えて、もしなぜ1kNは約100kgか聞かれたら、「それは物理法則だから」と答えてください。
これで実務をするレスキュアーの方は十分に間に合うとわたしは思います。