テクニカルロープレスキュー京都08年10月

 京都でテクニカルロープレスキューを開催しました。
参加して頂いた方が多く活気のある講習になりました。

懇親会の模様
夜の部以外も、応用的なアンカーを作成してシステムを組み上げました。

これが、フローティングアンカーと呼ばれる支点の取り方です。
タンデムプルージックビレーの先には、お手製のロードリリースストラップの
マリナーズヒッチを付けています。
しかし、英語が多いどうにかならないかと思います。
フローティングアンカーならさしずめ浮き支点ですかね!
次回の講習で言ってみます。

山の中ではボーテックスよりも、木です。木のAフレームよりも立木。
今回は、サイドAも紹介しましたが、写真は、暗くて取れませんでした。
残念。