クライミングロープの寄贈

レスキュージャパンの宇山です。
先日ネパールでラフティング部門であるビックスマイルのガイドスタッフによる協力を得てKCC(クンブ クライミング センター)へテンドンのクライミングロープ10本を寄贈させて頂きました。

クンブクライミングセンターは、主にネパールの山で荷揚げをするポータ達の技術や知識向上をもって安全性向上に寄与するために設立された組織です。
なお名称についているKhumbu(クンブ)は、エベレスト地方のシェルパ族がすむ郡の名称です。
今まで知りませんでしたが、シェルパ達は、山岳経験は豊富でエベレスト登頂を始め、ヒマラヤの高所登山に欠くことのできない存在ですが、その経験とは逆に、クライミングの知識はあまりなく、知識不足や装備不足により命を失うような事故や怪我を負う場合もあります。
そのような事を防ぐために、2003年からこの組織が結成され、クライミングの技術向上はもとよりファーストエイドの講習会なども行われています。

今回は、縁あって、このクンブ クライミング センターが主催する研修会で使用するためのクライミングロープを寄贈させてもらいました。
ありがとうございました。