アメリカ式ヨーロッパ式の大きな誤解

 

 


アメリカ式、ヨーロッパ式とロープレスキューの方式を区別していますがそこにはある意味大きな誤解が含まれています。
アメリカ式 プルージックを多用する
ヨーロッパ式 器具を多用する
なぜなら、プルージックはヨーロッパはオーストリアの登山家であるプルージック博士(1896-1961)によって開発されたヨーロッパで使用されているヒッチだからです。
よってプルージックを使うのがアメリカ式ということには矛盾が含まれています。
さらに、アメリカ式(?)でレスキューロード(200kgmass)以上に対して使われるタンデムプルージックビレーは、カナダのブリティッシュコロンビアで行われた実験の結果その有効性が提唱されたカナダ式(?)の確保の仕方です。
ここで私が言いたいことは、アメリカ式ヨーロッパ式などと区切り食わず嫌いになって一つの方法に固執するのはナンセンスだということです。逆に、広い視野でもって色々な方法を取り入れ、自分たちの組織で何度も訓練検証し、自分たちに適したやり方を取り入れることこそキーポイントだと思います。