レスキュージャパンブログ

レスキュー講習会の模様や新開発器材のニュース、ロープレスキューのテクニック、国内外のレスキュー事情など
<< ハイエースを引く | main | もやい結び VS 8の字結び >>

9倍力システム

 以前に、ハイエースを引いたとブログにアップしましたが、その際に
ちょっと気になることがあったので再度、ハイエースを支点に9倍力システムで引いてみた。

下の写真は以前に行った時の写真


下の写真が今回行った時の写真


見てのとおり違いは何かと言うと距離の違いで短い距離で引いた際には
力はより伝わりやすく、長い距離になると力が伝わりににくく
以前は9倍力を2人で引いた際に5.5kNの力が掛かったのですが
今回は距離約15m〜20m弱だと4.0kNでした。

レスキュー技術 | permalink | comments(2) | trackbacks(0) | - | -

この記事に対するコメント

突然の質問ですいません。
支点に掛かる荷重について教えていただきたく思いネットや色々と調べてもどこにものってないのでレスキュージャパンさんならと思いコメント欄で書かせていただくことをお詫びします。
知りたいのは、先ほど書いた
支点に掛かる荷重についてです。

摩擦や色々な係数は無視してください。
支点に素通しでロープを通し、100kgの人を釣ると支点には
100kgの人+100kgの力で持ち上げる人=200kg
の荷重がかかると思うんですが、

支点に1/4動滑車を使用した場合は
100kgの人+25kgの力で下方向に引き持ち上げる人=125kg

になるんでしょうか?

力は変わるけど、支点への荷重が変わるのが妙な気がしますがいかがですか?
jackson | 2013/07/22 9:34 PM
コメント欄に気づくのが遅くなりすいません。

定滑車で返すとはい200Kになります。

支点に4倍力をかけると支点には、75kになります。つりあっている状態だとすると、100kの1/4分を自分が持っているので、100−25=75kが支点にかかっています。
あき | 2013/10/06 7:58 AM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://rescuejapanblog.com/trackback/604
この記事に対するトラックバック
CALENDAR
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>