レスキュージャパンブログ

レスキュー講習会の模様や新開発器材のニュース、ロープレスキューのテクニック、国内外のレスキュー事情など
<< アメリカ研修3 | main | アメリカ研修5 >>

アメリカ研修4

 

 

ドロップテストは、3mの長さのロープに200kgの重り(約人間2人分)をつけて1m落下させるという方法で行われました。



この実験で落下をとめたのがタンデムプルージックビレーでした。



その他の方法、エイト環、ムンタヒッチ、プルージック一個、ギブスなどでは、荷重を受け止めることが出来なかったりロープを切断してしまうなどの結果になりました。



IDのビレー性能について確認したところ、上記条件では荷重を受け止めることが出来ず地面まで落下してしまったとのことでした。

そういえば、IDの説明書に衝撃荷重がかかるような使い方はしてはいけないと書いていた記憶があります。(ご存知の方いらっしゃいますか?)

ストップについては確認しませんでしたが、はたして上記の条件で衝撃荷重を受け止めることが出来るのでしょうか?

もし受け止めることが出来ないのであれば現状ヨーロッパ方式と言われているビレーの方法は、非常に危険だと言えます。

なお、このブログの趣旨は、特定のメーカー、組織、方法の非難ではなくより安全な救助の一助になればとの思いですので誤解なきようお願いします。
 
- | permalink | comments(1) | trackbacks(0) | - | -
この記事のトラックバックURL
http://rescuejapanblog.com/trackback/179
この記事に対するトラックバック
CALENDAR
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>