レスキュージャパンブログ

レスキュー講習会の模様や新開発器材のニュース、ロープレスキューのテクニック、国内外のレスキュー事情など

SRT1 講習で知る

 四国吉野川で急流救助講習を行いました。


実技講習1日目の泳ぎです。
最初は急流に躊躇してしまいます。


無我夢中で川に入り
泳いでみても水を飲み、焦りが出てついつい力が入ってしまいます。
流れに対しての角度を意識してもついつい川岸に向かって真横に泳いでしまいます。


実技2日目後半では川が増水しても
(一番上の写真では立てる岩場がありました、2枚目の写真も岩が見えています。)
自ら流れに対して角度を考え、流れの弱い所を探し積極的に泳げます。

どの様な状況においても自分が行ける、出来る限界地を知るには経験をする事です。
ただし、何が危険でどこが危険か、知識の無いままに行く事は怪我事故の元です。
知識技術を知ることで限界地が高まります。
SRT | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

アンダーカットロック 

 

アンダーカットロック

 

水の流れが岩に当たり浸食作用により岩が抉れた岩、

または崩落した岩で水面下が抉れている形状の岩。

水の流れが岩に当たり図のように流れは左右に分かれるのと

岩の正面に当たる流れは真上に上がり、また上流に流れようとする働きがある

 

岩が抉れている場合には、抉れたところに流れが入り込みます。

浮遊物は岩に向かって流れ、そのまま抉れた岩下に流されてしまいます。


 

 

10年ほど前の私の体験談すが、アンダーカットロックの岩に流され

まずいと思った瞬間に岩にしがみ付いたのですが、

斜めに抉れた岩に吸い込まれ、しがみ付けずに両手は斜めに抉られた岩壁に

そって滑りゆき光が入らない暗闇に。その後、光が差し込んだ瞬間に横に抜け

「出た!」と水中でも、ふぅ!っと溜息を付きそうな気持ちなったのを覚えています。

時間にしてはわずかに数秒だったのですが、ヒヤリとした瞬間でした。

財田

SRT | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

急流救助講習 SRT1


山口県消防学校 水難救助課程に今年も3日間のSRT1講習が組み込まれ
講師依頼を受け行ってきました。

消防学校教官、受講されている方の熱い気持ちが感じられた3日間で私自身が学んだ事が
たくさんありました

まずは、もうお馴染みです。
あまり流れが強い様に見えなくても体感して川の怖さを知るストレーナーです


レスキューハーネスにロープ、カラビナの結着、そしてこれから脱出です。
うっすら白いヘルメットが見えています。この状態でも呼吸は出来ています。
 

一丸となりました。
SRT | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

SRT1 北山川

 北山川にて急流救助SRT1講習を行いました。講師派遣依頼で呼んで頂き感謝です。

昨年の台風12号の影響を受けた奈良県、和歌山、三重県の被害の爪あとを北山川に行くまでの国道311号線を走行中に見ることが出来ました。これまでに川の増水は幾度と見て見慣れてはいるのですが、土砂崩れ、増水時の水位の高さなど、つい車を引き返し見てしまいました。


川はカーブの外に外に流れが集まりますので、外側は流れが強く外側(岸)が削られます。


昨年の水位が上がった位置がはっきりと分かります。右岸をみると木が無い壁面は
すべて水圧により刈られたところになります。


講習の様子です。上流と下流の水面が違い、落差があることを意味します。
上流より川の状況が確認出来ない状況であればボート等で下る場合には
ボートから降り状況を確認します。


要救助者を引いて泳ぐ。進んでる気がしないほどに大変な行為と言う事が
体感して分かります。
SRT | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

山口県にてSRT1講習

 山口県にてSRT1講習を行いました。

川の水圧は見た目以上にきつい。

水圧は見た目以上にきつく、水中に入ると写真の様に1人では立つことも出来ず
後ろからのサポートを必要としています。
下流側の方が立てる理由には一番前の方が水圧を受け下流側には水圧が掛からない為です。


障害物の下流側に水圧(流れ)が無いことが分かれば、写真の様に
障害物の下流側でボートを簡単に停めれることも出来ます。
SRT | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

引き続き SRT1講習を行いました


徳島県 吉野川にてSRT1講習を行いました。


 急流救助には泳ぎは欠かせません!
泳力も必要ですが、流れの強弱をいかに見極められるか。これ重要です。



1人で泳ぐだけでなくチームで泳ぎ、限界を上げる。



本や、ブログ、インターネット、聞くだけでは分からないのです。
体感、経験しないと、適した装備の必要性が分からないのです。

知識・技術を得ると救助の限界が上がります。





SRT | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

急流救助 SRT-1 京都&徳島

 先週、京都及び徳島で急流救助講習を行いました。



川底の見えない急流では水中の障害物(岩等)があるか確認が出来ないため
入水時は写真の様に水面にスライディングして入水します。
川の流れに対して斜めにスライディング!
これをする、しないでは大きな差が生まれます。(何の差が???)



川にロープを渡す際にはロープを水面に付けずに空中で。
水面に付けることにより水の流れを受けより負担が掛かります。

京都、及び徳島での今回の講習では
合計4名の女性が受講されました。
1名は趣味でカヤック(カヌー)をされている方、3名はライフセーバーです。

SRT | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

四国吉野川でSRT講習

 10月12日〜14日 四国吉野川でSRT講習を開催しました。


川幅約20m〜25m 水量は少なめでした。
まずは、基本的な泳ぎで2往復ほど。


次に、陸上で行えるレスキュー方法としてのスローバック


ボートの操船技術無くても行えるテザーシステム

天気はあいにく曇りそして雨となりました
3日目の現場での講習終了後、土砂降りの雨で
水位は数時間後に写真の水位より4mほどに水位が増しました。
川の水位の変化は、あっ、と言うまです。
SRT | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

山口県消防学校 SRT1講習

山口県消防学校にて 
水難救助課程の講習項目に急流救助講習が組み込まれ
講習を行ってきました。

今期の水難救助課程では海上保安庁、急流救助、水上バイクの知識面等
これまでに類をみない水難救助課程を構成されていました。その様な場に呼んで頂き感謝です。


急流においては泳ぎとボート操船は必須です。
下記、3点川の右岸より左岸に泳ぐのに岩の下流側の流れの穏やかな場所を
狙い泳ぎ流されず出来る限り左岸の上流に泳ぎます






さらに岩場の多い川を流れの穏やかな岩の下流側を探しながら泳ぎました。
自身が流された場合にはいかに早く流れの穏やかな場所を探しだすか
それによって自分自身の危険を回避する事が出来ます


ボート操船は急流では欠かせません、泳ぐよりはるかに安全性があり
機動力に優れています


SRT | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

和歌山県 古座川にてSRT講習

今回は、招かれての講習会となりました。


「南紀わかやまアウトドアフェスティバル実行委員会」主催で、
「月の瀬温泉ぼたん荘」を拠点として開催しました。


下記は、岩の下流側の流れの弱い部分を利用して対岸にわたる
泳ぎのトレーニングです。



下記は、斜めにロープを張るテンションダイオゴナル。
いつもは倍力システムを作成しロープを張りますが、今回は支点を
取れなかったのでマンパワーでロープを張りました。



ここ、古座川は透明度の高い美しい川でカヌーを楽しまれる方も多くいます。
残念なことは、白く泡立つ流れが少なく、一見穏やかに見える川ですが
実際に川に入ると思った以上の水圧があり、カヌーを楽しまれる
一般の方には見た目は安全な川に映り、ヘルメットなどの装備を付けずに楽しまれて
いました。

※これから暖かい時期を迎えます、川に出かける際は、装備着用と、禁酒でお願いします。


※また、講師派遣の出張講習も行っていますので、お気軽にご相談いただければと思います

財田

SRT | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -
CALENDAR
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>